【大問題】長野市中学校で男性教諭が女子生徒に突如暴力!!問題の学校を特定?

Uncategorized

7月1日、長野市内の中学校に勤務する50代の男性教諭が2年生の女子生徒1人の左脇を右手の拳で殴り、ろっ骨打撲のけがを負わせたという事件が発生しました。

暴力があったのは、朝の学級活動終わりの午前8時40分ごろ。

ある生徒を探していた経論が被害者の生徒に「あっちに行きました」と言ったとたんにわき腹を殴りつけたらしいのです。

暴力を受けた生徒は何も悪い事はしておらず、殴った経論の言い分は「いらいらしていた」というふざけた内容

そんなふざけた経論の言動にネットでは怒りの声が数多く挙げられています。

経論の言動に対する世間の厳しい声

 

 

 

 

 

 

 

事件が発生した学校はどこ?

テレビでの報道が開始され、映った校舎の映像から学校の特定は完了しております。

しかし、女子生徒の精神面での負担を抑える為にも、ここでは一旦伏せさせていただきます。

ご容赦ください。

しかしこれではイメージすらつかないと思いますので、

長野市にある中学校をまとめて記載しておきます。

経論の処罰はどうなる?

現在、長野市教育委員会が詳細を調査中とのこと

「生徒の回復を願うと同時に再発防止に努める」としている。

再発防止うんぬんの前に、経論に対し厳正な処罰をしてほしいところです。

この経論は以前から暴力行為が話題にあがっていたようで、今までも似たような事件を起こしている可能性があります。

まとめ

今回は長野市内の中学校で起こった許されざる暴力事件をまとめました。

教育委員会は、当事件を徹底的に調べて二度と同じような悲しい事件が起こらないようにしてほしいですね。

女生徒の心と体の健康が戻る日を祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました